どこが一番お得?免税天国ランカウイの免税店を比較してみた〜免税品購入のガイドラインもおさらい〜

目次

免税天国のランカウイ

Oharu

マレーシアのランカウイ島といえば?

お酒が安いっ!お菓子が安いっ!

こんなイメージをお持ちの方も多いでしょうか。

そう、ランカウイは免税天国の島なんですね!

マレーシア政府のポータルサイト(https://www.malaysia.gov.my/portal/content/30477)によると、マレーシアで免税島として指定されているのが以下3つ。

マレーシアの免税島
1. Langkawi Island(ランカウイ)
2. Labuan Island(ラブアン)
3. Pangkor Island(パンコール)
4. Tioman Island (ティオマン)

上記はどこもアクセスはさほど難しくないですが、この中ではランカウイが一番栄えていてダントツで知名度も高い観光地と思われます。
(と言いつつ、最近はパンコール島も結構人気ありますね!)

ということでして、ランカウイへはお買い物やお酒目当てで訪れる人も多いんですね。

私もいつもランカウイへ行ったら必ずウィスキーを買って帰ります。
むしろウィスキーを迎えにランカウイへ行ってると言っても過言ではないです。

こちらの記事では、パンタイチェナンエリアにいくつもある免税店の中から、おすすめのお店をいくつかピックアップしてご紹介します。

馬來西亞の西くん

免税なんだしどこのお店も同じなんじゃないのぉ〜?

と、思いますよね。
私もそう思ってたんですが、実際にみてみると品揃えや値段が結構変わることに気が付きました。
この記事では、それぞれのお店の特徴とともにご紹介していきます!

と、その前に。

免税品購入のガイドライン

免税天国のランカウイとはいえ、無制限に購入&お持ち帰りできるわけではなく、数量や価格のガイドラインがあります。

以下、マレーシア王立税関局の正式ポータルサイト(http://www.customs.gov.my/en/tp/Pages/tp_ppel.aspx)の「税関法に基づくガイドライン」から大事そうなポイントを引用しています。

飛行機に乗る前に引っかかって没収されちゃった。。。ちーん

なんてことにならないよう、確認しておきましょう!

一人当たりの免税品(移動手段が飛行機の場合)

・ワイン、スピリッツ、ビールまたはモルトリカー:合計1リットル以下
・アパレル品(新品):3個以下
・靴(新品):1足のみ
・食品:合計RM150以下
・パーソナルケアおよび衛生用のポータブル/バッテリー駆動の電気製品:各1個のみ
・上記以外のすべての商品(タイヤ/チューブ、たばこ、たばこ製品、喫煙パイプ(パイプボウルを含む)、電子タバコ/同様の個人用電気気化装置、電子たばこおよび喫煙に使用される装置、ニコチンを含まない液体またはジェルを使用した電気気化装置):合計RM1,000以下

一人当たりの免税品(移動手段が飛行機以外の場合)

・ワイン、スピリッツ、ビールまたはモルトリカー:合計1リットル以下
・アパレル品(新品):3個以下
・靴(新品):1足のみ
・食品:合計RM150以下
・パーソナルケアおよび衛生用のポータブル/バッテリー駆動の電気製品:各1個のみ
・上記以外のすべての商品(タイヤ/チューブ、たばこ、たばこ製品、喫煙パイプ(パイプボウルを含む)、電子タバコ/同様の個人用電気気化装置、電子たばこおよび喫煙に使用される装置、ニコチンを含まない液体またはジェルを使用した電気気化装置):合計RM500以下

免税対象の条件(ランカウイの場合)

48時間以上滞在した場合に適用(ランカウイ、ティオマン、またはパンコール)
※ラブアンは24時間以上で適用

Oharu

今回は預け荷物があったのでカウンターへ立ち寄らなきゃいけなかったんだけど、そこで手荷物検査があって「何日滞在しましたか?」としっかりチェックされました。3日滞在だったので「3日デス!」と胸を張ってお返事したよ。

ちなみに…
たばこは2021年4月以降、免税対象から除外。「免税」のスタンプがついた売れ残り在庫のみそのまま免税販売とのこと。(参照:Langkawi folk bemoan tobacco tax affecting tour industry/ 引用元: The Star

それでは、免税店紹介していきまーーーす!

1. Coco Valley(ココヴァリー)

お店の特徴

・お酒やお菓子以外にも電化製品や日用品、ぬいぐるみまで売られていて商品の幅が広い
・Maker’s Mark RM118、知多170、サントリー山崎梅酒175
・カールスバーグ RM2.5
・水族館(UNDERWATER WORLD)と繋がっているので、水族館からのお買い物がスムーズ☆

Coco Valley Sdn Bhd (Pantai Cenang)
住所:UNDERWATER WORLD, PANTAI CENANG, 07000 Langkawi, Kedah
営業時間:月〜木 10時00分~19時00分/ 金土日 10時00分~21時00分

2. the ZON(ザ ゾン)

・工芸品などの雑貨が売られている!お土産にヨシ。ココナツの殻を加工して作られたボウルが可愛い。ちと高い。
・Maker’s Mark RM125、知多159、サントリー山崎梅酒147
・カールスバーグ RM2.5

The Zon Duty Free Zone
住所:UNDERWATER WORLD, PANTAI CENANG, 07000 Langkawi, Kedah
営業時間:月〜木 10時00分~19時00分/ 金土日 10時00分~21時00分

3. Warisan Duty Free (ワリサン デューティーフリー)

(お店の外観撮るの忘れました…!)

・お菓子の量がはんぱない
・Maker’s Mark RM115、知多180
・カールスバーグ RM2.6
・街の中心にある&規模が大きいのでいつも賑わっている

Warisan Duty Free
住所:LOT 2599, Jalan Pantai Chenang, PANTAI CENANG, 07000 Langkawi, Kedah
営業時間:月〜木 13時00分~22時00分/ 金土日 13時00分~23時00分

4. Ole Ole(オレオレ)と隣のお店

「隣のお店」って雑でスミマセン。
Ole Oleがお菓子だけ売っているお店で、その隣にお菓子&お酒が売られているお店があるのですが、店名をうっかり忘れてしまいました。
ということで、ここではどちらも「Ole Ole」ということでまとめさせていただきます。

お店の特徴

・ショッピングモール内なので雨宿りもかねてショッピングできる(入り口のところにマッサージチェアもあり)
・チョコレートのお菓子に特化
・割引セールコーナーがある(ど真ん中にドーンと置かれていることが多い)
・Maker’s Mark 置いてなかった、知多200
・他と比べてお酒の平均価格がRM10~20ほど高い印象
→その代わり、ワインやスパークリングの安売りでRM20台で売られているものも!

Ole Ole Duty Free Chocolate
住所:16, Jalan Pantai Chenang, Kampung Lubok Buaya, 07000 Langkawi, Kedah
営業時間:月〜日 11時00分~20時00分

おまけ①

ランカウイ空港内ももちろん免税ですが、お酒の値段をチェックしたところ、街中と比べてかなり高かったデス。
詳細を記録しておくのをうっかり忘れてしまいましたが、ざっとみたところRM100前後高いものがちらほら・・・!

もちろんクアラルンプールで買うよりは安いですが、せっかくなので街中の免税店で買っておくのが良いですね。

馬來西亞の馬ちゃん

忘れないようにショッピングタイムを確保しておこう♡

おまけ②

免税店ではないですが、安くて美味しかったフレッシュジュース屋さんです!
フレッシュジュース屋さんは同じ通りに4〜5箇所ありますが、ここが一番安くて美味しかった(と思う♡)

📍RYB FRUIT STORE
住所:Jalan Pantai Chenang, 07000 Langkawi, Kedah
営業時間(毎日):12時00分~21時45分

メニューから注文もできるし、右の冷蔵庫からフルーツを選んでジュースを作ってもらうこともできるヨ!THE・新鮮ジュース!

まとめ

スポーツ用品免税店もあるよ!2. the ZONの向かい

以上、パンタイチェナンエリアの免税店を4つピックアップしてみました。
他にも小さな免税店はまだまだたくさんあるので、気になったら覗いてみてください。

ポイントをまとめます。

お店×特徴

・商品の幅広さ、品揃えは1. Coco Valley
・お菓子の品揃えは 3.Warisan Duty Free、チョコ系は 4.Ole Ole
・お酒の品揃えは多くはないが全体的に安いなと思ったのが 2. the ZON
・お酒が全体的に高い印象だが安売りセールがあるのが4. Ole Ole

免税品ショッピングのポイント

・免税品でメジャーなのはお菓子とお酒、ときどき電化製品
・購入品ごとに持ち帰り制限(数量や価格)があるので注意
・お酒は1人1Lまで持ち帰りOK!ランカウイに48時間以上滞在した場合のみ!
・お菓子はお店によってあんまり値段変わらない
・お酒はリキュールごとに値段が異なる(お店によってRM50ぐらい違うものも有)ので、欲しいものが定まったら比較調査してみるべし!
・ビールの値段はどこのお店もさほど変わらない
・お菓子やリキュールの品揃えは店舗によって違う

お客さんがひとつのお店に偏らないように、うまいこと特徴が分散してるね☆

ランカウイでのお得なショッピングのために、ちょっとでも参考になれば幸いです!


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる