コタキナバルで何する?屋内も屋外も!おすすめスポット5選+おまけ

目次

コタキナバルってどんな街

マレーシアはコタキナバル!

コタキナバルって、どんなイメージがありますか?

私は「キナバル山⛰」なイメージでした。

キナバル山(4,095 m)は東南アジア最高峰
そのフォルムや雪化粧の美しさゆえ日本の富士山(3,776 m)の方が世界的に有名な感じがしますが、標高はキナバル山の方が高いんですね。

ということでコタキナバルへ行く前は「山」のイメージが強かったのですが、実際に訪れてみると「海」の要素も強かった!
むしろ今回9日間コタキナバルに滞在してみて、どちらかというと「海のまち」という印象に変わりました。

コタキナバルは、ボルネオ島北部に位置するマレーシアのサバ州の州都で、KK と略される場合もよくあります。一部が熱帯雨林に囲まれた海岸都市で、活気ある市場や近代的な遊歩道、ビーチ、海辺に建つコタキナバル市立モスクがあることで知られています。標高 4,095 m のキナバル山があるキナバル国立公園への玄関口でもあります。

Google Mapより引用(https://goo.gl/maps/qvbncW88qDm83KcP8

『海と山のまち・コタキナバル』へ行ったら何をしよう?

ということで、こちらの記事ではコタキナバル中心部周辺でお手軽に楽しめるスポットをご紹介します。

こんな人におすすめ
・コタキナバル初心者!観光または出張予定
・コタキナバル中心部に宿泊予定
・コタキナバル中心部周辺の観光スポットが知りたい
・短時間で行けるスポットが知りたい
・コタキナバルならではのスポットが知りたい

半日から終日かかるタイプの観光情報は他の記事をチェックしてみてネ

ピックアップ① マングローブジャングル 📍Kota Kinabalu Wetland Ramsar Site

根っこがうにょにょにょにょ!

Wetland。「湿地」です。
マングローブがとにかく茂りに茂っている湿地です。
右にも左にもマングローブしかないので、マングローブに興味がある人にのみおすすめ!

マングローブとは?

マングローブとは、熱帯および亜熱帯地域の河口汽水域の塩性湿地にて植物群落や森林を形成する常緑の高木や低木の総称。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そう、マングローブって木の種類なのかと思いきや、同じ条件で育つ木たちの総称なんですね。
マングローブで見られる木の特徴は、丸見えの根っこ!

不思議な見た目ですよね〜。
集合体恐怖症の私にとってはちょっとギリギリセーフな見た目ではありましたが、恐る恐る歩を進めました。

Kota Kinabalu Wetland Ramsar Siteの様子

10~20mぐらい?の背の高い木々に、360度完全包囲されます。
そして結構敷地が広いです。
ここには一人で行ったのですが、もうすぐ閉園の時間だったからか周りには誰もいなくて完全に「マングローブと私のみの世界」
しーんと静かで、たまに生き物のうごめくガサガサという音だけが響いていて、ちょっと異世界に来ちゃったような感じでゾクゾク?ワクワク?しました。
せっかくなので久石譲メドレーを聴きながら散策すると異世界感が増幅されました!おすすめ!

グリーングリーン♪

ちなみにこの『Kota Kinabalu Wetland Ramsar Site』はサバ湿地保全協会によって運営されており、20年ほど前からマングローブ湿地の再生と保全の取り組みが行われているそうです。

湿地には、鳥やカニ、カエル、ヘビ、カブトガニ(!) などなど色んな生き物が潜んでいるみたいです。
頑張って探しましたが、なかなかたくさんは見つけられず。
きっと湿地と色が同化していたりするんだろうな。
強そうな赤アリ、カニ、ちいちゃいそしてサギのような鳥さんに会いました!

双眼鏡もレンタルできるので、是非♪

Oharu

ちなみに私は超がつく方向音痴で、出口を見失い2時間半ぐらい滞在したよ。普通に歩いたら1時間もかからないと思うよ。
閉園時間が過ぎていたので、Google Mapから受付に電話して救出してもらいました。(恥)(そして迷惑)

📍Kota Kinabalu Wetland Ramsar Site
定休日:月曜日
営業時間:8時00分~17時00分
入場料:RM5(学生以下はRM3)
双眼鏡レンタル:RM5
アクセス:KK中心部から車で約10分
ウェブサイト:http://www.sabahwetlands.org/kkw/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる