【クアラルンプール】KLCCお散歩中に出会った映えスポット<SALOMA>

こんにちは!おはるです。

今回は、KLCC周辺をお散歩中に出会った映え映えスポットとその周辺の可愛いポイントをご紹介します☆
マレーシアは暑くてなかなかお散歩な気分になる時間帯も限られますが(笑)、
Suria KLCC(ペトロナスツインタワー)からさくっと歩けてしまう距離なので、お買い物ついでにぜひ立ち寄ってみてくださいな〜!

目次

SALOMAとは?

正式名称は “Pintasan Saloma”、英語で”Saloma Link Bridge”。
一体何者なのかというと、Kampong Bharu(カンポンバル)という地域とKL都心部を繋げた「橋」を指しています。
2020年2月5日に開通したそうです。

“Salmah Ismail or Saloma was a very famous Singaporean-Malaysian singer, film actress, trendsetter and a fashion icon who became well known in the late 1950s to the 1960s.

Saloma was also the wife to the iconic Malaysian artiste P. Ramlee, who is, of course, the most famous artist in the country from the same era.”

(訳)Salmah Ismail、またの名をSalomaは、シンガポールとマレーシアのハーフで歌手、映画女優、トレンドセッターとして、1950年代後半から1960年代にかけて有名になったファッションアイコンでした。

Salomaはまた、マレーシアの象徴的な芸術家P.ラムリーの妻でもありました。彼ももちろん、同じ時代に最も有名になった芸術家です。

12-Oct, 2021, malaysiaasia, Saloma Link Bridge, All You Need To Know, http://blog.malaysia-asia.my/2020/02/saloma-link-bridge-all-you-need-to-know.html

上記の通り、SALOMAという橋の名前は国民的大スターの名前が由来となっているのですね。
すぐ近くには旦那様のP.ラムリーさんの名前がついた『Jalan P. Ramlee』という大通りがありますね!
夫婦揃ってランドマークに名前がつくなんて、うらやましーー!笑

ちなみに、カンポンバルはわかりやすくいうと下町のような田舎のようなエリアで、華やかで近未来的なKL都心部とは対照的な景色が広がっています。
そんな二つの街を橋で繋げることによって、物理的に双方へのアクセスを簡単にしただけではなく、
もしかすると、田舎と都会の垣根を取り払うことにより、人びとの心理的な距離も近づけようという試みも含んでいるのかもしれません。

Oharu

よくGrabドライバーさんに「日本のどこから来たの?」と聞かれて「HokkaidoのKampong (カンポン) から来たよ!」と言います。すると「Oh!田舎から出て来たのか!」てな感じで伝わります♡

SALOMAの場所とアクセス

場所はこちらっ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる